奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

メインテナンスの重要性



たなべ歯科の田中です。


治療後のメインテナンスについて
数カ月から一年以上にわたって、治療のために歯科医院に通い続けて
ようやく治療も終了となると、誰もがほっとするものです。
仕事が忙しくて治療を中断したままの方もいるのではないでしょうか?
継続して通院する努力は大変なものですが、治療が終了しても
ここで安心してはいけません。
haisy_chiryo.png

メインテナンスとは、
治療によって得られたお口の健康な状態を維持させ、再発を防止すること
を目的としています。
毎日各自が行っている歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使った
セルフケアが重要なのは当然ですが、このセルフケアで及ばない部分を
定期的なプロフェッショナルケアで補ってあげるのがメインテナンスです。



dental_floss.pngセルフケアの注意点ha3_clean.png
治療期間中は、清掃状況をチェックされるので一生懸命ブラッシングしますが
治療が終わるとサボリ気味になるのが常です。
虫歯や歯周病はいわゆる生活習慣病なので、日頃の生活習慣(ブラッシング習慣)
が大切です。食後に必ずブラッシングするのが難しい方は、
1日1回は時間をかけてブラッシングしましょう。
夜寝る前のブラッシングが一番効果的ですし、
夜寝る前が最も時間が取りやすいでしょう。


メインテナンスの間隔shikaeisei.png
虫歯の治療のみを受けていた方で歯肉に問題がない場合は
6ヶ月に1回のメインテナンスを受けましょう。
歯周病の治療を受けていた方は、もう少し短い間隔で受けましょう。
お口の状態によって、間隔が短くなったり徐々に延ばされたりします。