奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

歯ブラシの硬さ


たなべ歯科の西垣戸です。


ほとんどの歯ブラシは「かため」「ふつう」「やわらかめ」
3つに分かれていますが、みなさんはどの硬さをお使いですか?

teeth-character_month11-01.png


「かため」がいい人
健康的な歯茎であり、ブラッシング圧が弱めの人におすすめです。
ブラッシングの力が強い人がさらに「かため」の歯ブラシを使うと、
歯茎を傷つけてしまいやすくなり、知覚過敏や歯茎が下がってしまう原因に
なることがあります。
特に歯周病がある人は、炎症を起こして弱っている歯茎をかたい歯ブラシで
磨くことはおすすめできません。




「やわらかめ」がいい人
口内トラブルがある人向けです。
例えば、歯肉炎や歯周病、知覚過敏の人、歯肉がやわらかい人は
「やわらかめ」の歯ブラシを選ぶと良いです。
また、ブラッシング圧が強い人の場合も歯茎が傷ついてしまう事を防ぐためにも
「やわらかめ」を選ぶとよいかもしれません。
一日に3回以上や長時間の歯磨きをする人などもソフトなタイプの歯ブラシを使ったほうが
歯や歯茎へのダメージは軽減できるでしょう。




一般的には「ふつう」がおすすめ
ご紹介した「かため」「やわらかめ」がおすすめな人に該当しないなら
「ふつう」を選ぶと良いです。
歯をみがくときは力を入れ過ぎないように鉛筆を持つような持ち方で、
細かくブラシを動かすのがポイントです。

health_mouth4.png


良い歯ブラシとは?
歯や歯茎を傷つけず、歯垢を綺麗に落とすことができ、適度な力で
ブラッシングできるものです。
しかし、歯や歯茎の状態、歯並びや磨き方のなどは人それぞれです。
自分の状態に合わせて歯ブラシの硬さだけではなく、サイズや形も最適な
歯ブラシを選ぶことが健康的な歯とお口を維持する重要なポイントなのです。




どんな歯ブラシでもそうですが、ブラシの毛先が広がってしまうと
歯垢を落とす効果が弱まってしまいます。
毛先が広がってきたら出来るだけ早めに取り換えるようにしましょう。


すぐに毛先が広がってしまうという方は、ブラッシングの力が強すぎる可能性があります。
毛先が広がっていなくても、衛生的には月に1回の頻度で歯ブラシを取り換えることを
おすすめします。

toothbrush_two_3.png

自分に合った歯ブラシの硬さがわからないという場合は、遠慮せずに相談してください。