奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

親知らず

 「親知らずが生えてきたようなんですけれど、抜かないとだめですか?」

歯科医がよく聞かれる質問です。親知らずは18~22歳ごろに生えてくるのですが、まっすぐに生えていて、上下の歯でしっかり噛んでいる健康な親知らずは抜く必要はありません。しかし現代人の多くは、食生活の影響で顎の骨が小さくなってきており、親知らずが横に向いて生えてくる場合が多くなっています。このように生えてきた親知らずは歯磨きがしにくく、その歯自体が虫歯になったり、親知らずとその手前の歯の間から虫歯になったりします。また、親知らずの周囲の歯ぐきも化膿し、痛んだり、口が開かなくなることもあります。このように、お口の中に悪影響を与えるような親知らずは抜いたほうが良いでしょう。