奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

虫歯の種類


たなべ歯科の西垣戸です。


虫歯=痛いというイメージが強いと思いますが、虫歯の進行レベルによって

痛みのない虫歯もあります。

mushiba.png




C1 歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態で、痛みはありません。
   
   そのまま放置してしまうと、虫歯が進行してしまいます。


0167011002.png






C2 虫歯がエナメル質の奥にある象牙質まで進行した状態です。
   
   象牙質はエナメル質と比べて、軟らかく溶けやすい為ため、表面は小さな穴でも
   
   中で進行してしまっている可能もあります。
   
   冷たいものや甘いものがしみるといった状態です。

0167011003.png






C3 虫歯が象牙質の奥にある歯髄(神経)まで進行している状態です。
   
   何もしていなくても、常にズキズキとした痛みがあります。
   
   神経を取って根管内を消毒する必要があるため治療期間が長くなります。

0167011004.png







C4 虫歯で歯冠部(歯が見えている部分)がほとんど溶けてしまっている状態です。
   
   C3の状態をそのまま放置してしまうと神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。
   
   場合によっては歯を抜いたり、入れ歯やブリッジ、インプラントで補う必要があります。

0167011005.png







虫歯は自然に治ることはありません。虫歯を放置することによって最悪の場合、

歯を抜くことになります。入れ歯やブリッジなど治療方法は様々ですが、金銭面や時間的にも

大きな負担となります。痛みは虫歯の進行を知らせるSOSです。

いつもと違うなと感じたら、早めに受診することをおすすめします。

character_coating.png