奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

歯の神経について



たなべ歯科の田中です。


治療した歯がなぜ破折するのか?

むし歯が進行し、痛みが出て歯の神経を取ることがあります。
歯の神経は血管に富んでいて、歯の栄養源の供給を行っています。

その神経を取り除くと歯の栄養源がなくなり、健康的な歯とは
言い難い状態になります。このことから、歯の生活力は低下し、
将来的に歯の根部が破折しやすくなります。
いわゆる、"枯れ木"の状態のようなものです。

よって、早期にむし歯の治療を行い、歯の寿命を考えると、
むし歯の進行に伴う歯の神経の除去は避けるべきです。
むし歯の放置は、歯の寿命を短くします。
歯の神経を取ったのに、なぜ痛みが生じるのか?mushiba_boy.png

まれですが、処置後に痛みを覚えることがあります。
とくに痛みがあった歯に対して生じることが多いです。

メスを用いて切った後の傷と同じで、神経を切断した時の痛みが
存続することがあります。その痛みは、徐々になくなります。

痛みが続く時には、歯根の中を消毒する必要があります。
処置後に感染することがありますので、治療の中断をしないでください。
重症になることがあります。
最悪の場合は、歯を抜かなければいけないことにもなります。

早期発見早期治療をすれば、神経を取らなくて済みます。tooth_ha_mushiba.png
そのためには、痛みがなくても定期的な検診を受けることが一番大事です。