奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

歯ぎしり

たなべ歯科の西垣戸です。

 

 

みなさんはご存知でしたか?

せんべいは10キロ、フランスパンは30キロ、そして歯ぎしりはなんと、

60キロから80キロ。これらはモノを噛むためにかかる重力です。

 

歯ぎしりにはこれだけ強い力がかかっているのですから、

歯が欠けたり折れたりしても不思議ではありません。

また、歯がグラグラしたり、被せ物が取れてしまったりと色々、問題が出てきます。

 

il03-1-1.jpg 

 

ほとんどの人が歯ぎしりをしているといわれています。

歯ぎしりはいくつかの種類があります。

 

一つ目は、上下の歯を強く噛んだ状態で、左右にこすり合わせる

歯ぎしりと聞いて一番に連想する「キリキリ」と不快な音の出るタイプです。

このタイプは歯を摩耗しやすく、長年放置しておくと、歯ぎしりによる

色々な悪影響が出てきます。

 

二つ目は上下の歯を強い力で噛み締めるもので、横にはこすりあわせない為

音は出ません。気づきにくいタイプといえます。常時ぐっと歯を噛み締めている為

歯や歯ぐき、顎などに大きな負担がかかってきます。

 

三つ目は上下の歯をぶつけ合って、カチカチと音を出すタイプの歯ぎしりです。

一つ目と二つ目に比べると歯や顎にかかるダメージは少ないようですが

いくらダメージが少ないからといっても、歯ぎしりには変わらないので何かしらの

対策が必要といえます。

 

  

l02-1.jpg 

 

 

ナイトガードを寝るときにつけると、歯や顎の負担を減らすことが出来ます☆

 

気になることなどがあれば、当医院医師、またはスタッフまでお気軽にご相談下さい。