奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

根の治療

 たなべ歯科の西垣戸です。

 

 今回の記事は、根の治療についてです。

                      

 

 むし歯などで神経を抜く治療をすると、かぶせ物をするまでに根の治療が必要です。

根の治療は回数と時間がかかります。

 

 膿が溜まってしまった時には、毎回根管内をきれいにし、膿が早くなくなるような

お薬を入れますが、歯の状態によってその回数はまちまちです。

 

 神経を取り終わった後や、膿がきれいになくなった後には、最終的に

神経の変わりになるお薬を詰めなければなりません。

これを行わないと後で痛みを出すようになります。

             

 

 神経を抜いた歯は、枯れ木のようにもろくなるので、長い間治療を中断したりすると

歯が割れてしまって、最悪の場合歯を抜かなければならなくなってしまいます。

 そうならないように最後まで治療を受けましょう。