奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

子どもの歯みがき☆

 たなべ歯科の西垣戸です。

 

 

◎数本の歯が生えはじめた時が歯磨きスタートのタイミング

歯みがきは誰にでも出来て、最も効果のある虫歯予防法です。

もちろん小さな子どもも例外ではありません。赤ちゃんに初めての歯が生えるのは

生後6~8ヶ月頃ですが、生えたばかりの歯はとても弱く虫歯になりやすいので、

最初は親が守ってあげなければなりません。生後10ヶ月頃には上下4本の前歯が生え揃いますが、

この頃が歯磨きスタートのタイミングです。食後に練習用歯ブラシを持たせ

歯ブラシの練習を始めます。離乳食から普通の食事に変わり、奥歯が生える1歳半頃までには

毎食後の歯みがき習慣を身につけさせましょう。

 

                                                                                         hamigaki.jpg 

 

◎自分で磨けるようになっても仕上げ磨きは欠かせません

乳歯は上下10本ずつ合計20本あり、おおよそ2歳半ころに生え揃います。

1才前後からはじめていれば、この頃には自分で上手に磨けるようになりますが、

隅々までしっかり磨くのは、子どもには至難の業。小学校低学年までは仕上げ磨きが

必要です。乳歯の虫歯は、永久歯が虫歯になりやすくなったり、歯並びが悪くなるなどと、

永久歯への悪影響ははかりしれません。また、歯ブラシは毛先が歯にまっすぐ

当たっていなければ効果も半減してしまいす。毛先が開いてきた時が交換の目安です。

 

uinku.jpg

 

◎歯みがきレッスン(例)

磨く順番を決めて、最初は自分で磨きます。

 

②前歯の裏表を磨き終えたら、奥歯の表側⇒左奥歯⇒右奥歯 という順番です。

 

③奥歯の表側の次は、左右の奥歯の裏側と噛み合わせ面を磨きます。

 

 

◎仕上げ磨き

①仕上げ磨きもお子さんが決めた磨く順番に合わせます。

 

②1本ずつ上下・左右10回ずつ磨くのが目安です。

 お子さんの磨きづらい歯の裏側は特に丁寧に磨いてあげてください。

 

③汚れがたまりやすい歯と歯ぐきの境目は、歯ブラシを水平に当てて小刻みに左右に動かします。

 

④噛み合わせ面は虫歯になりやすい部分です。歯ブラシを面に水平に当てて前後に動かします。

 

 

☆歯みがきだけでは取りきれない汚れの洗浄や、虫歯の早期発見のためにも

 定期的に検診をすることをおすすめします。

                                    nakayosi.jpg