奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

知覚過敏について

たなべ歯科の関です。

今回の記事は【知覚過敏】についてです。

 

知覚過敏は、歯がキーンとする痛みや瞬間的な鋭い痛みを生じるもので、

歯が弱くなっていて、特別なケアが必要であるサインの可能性があります。

歯の内側の柔らかい中心部分(象牙質)が露出した時に、知覚過敏が生じます。

 

露出した象牙質に、熱いものや冷たいもの、甘いものや酸っぱいものを

摂取した時や、歯ブラシが触れたときに、神経が刺激されて瞬間的な鋭い痛みを生じます。

知覚過敏の主な原因

歯肉退縮

歯肉が退縮すると、歯の根の部分が露出し、知覚過敏になりやすくなります。

多くの場合、不適切なハミガキや歯周病による歯肉退縮が原因です。

 

酸による侵蝕

飲食物に由来する酸が、歯の表面に触れることでエナメル質を軟化させ、

エナメル質が徐々に磨耗されてしまうことがあります。

 

◎知覚過敏の歯を守るケア方法

歯ブラシはやわらかめの毛を使いましょう

過度のハミガキや、強い力でハミガキをしないようにしましょう

定期的に歯科に受診し、アドバイスを受けましょう。