奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

抜く親知らず、抜かない親知らず

 

たなべ歯科の西垣戸です。

 

親知らずとは、だいたい10代後半~20代前半に生えてくる歯です。

8番目の歯ともいわれます。すべての人が4本生えてくるわけではなく、

上下左右4本が揃わない場合もあります。

現代の日本人は顎が小さく、親知らずが生えるための十分なスペースが

ないことが多いため、横向きに生えたり、傾いて生えてきたりする場合があります。

このような場合は歯ブラシが入りにくく、虫歯や歯肉炎になりやすいです。

親知らずが問題を起こしている場合は、抜歯をすることが多いです。

 

年齢が上がると顎の骨と歯の根が癒着してくることがあります。

このようになると、抜歯が困難になるので出来るだけ若いうちに抜いておくことをお勧めします。

 

                                                                                            

                                        hatena.jpg

抜く場合

・親知らず自体に虫歯がある

・歯茎がはれたり、炎症を生じるとき

・噛み合わせや、ほっぺたの粘膜を傷つけているとき

・手前の歯を押して何らかの症状や、手前の歯が虫歯になる原因となるとき

・矯正治療前の準備や、矯正後の保定のため

 

抜かない場合

・親知らずが正常に生えており、上下の親知らずがきちんとかみ合って機能しているとき

 

 

yorokobu.jpg

 

 

親知らずを含む歯の抜歯を受ける際には、術前・術後を通して精神的、

時間的な余裕を持って、体調を整えることが大切です。

 

☆気になることなどがあれば、当院医師またはスタッフまでお気軽にご相談下さい。