奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

歯医者とダイヤモンド

 

たなべ歯科の西垣戸です。

 

ダイヤモンドは、この世で最も硬い物質と知られています。

工業用に合成されたダイヤモンドは、ガラスの切断など、

色々な切削器具に利用されています。

 

歯医者でも、ダイヤモンドを使っています。これは歯の表面を覆っている

エナメル質が、ダイヤモンドと同じくらい硬いからです。

硬さを計る単位(モース硬度)を使って正確に言うと、

ダイヤモンドは10、エナメル質は7です。

 

                                    il11-2-10.jpg

 

歯医者さんに行くとキーンというイヤな音がします。

あれはエアタービン(圧搾空気の力で、羽を高速で回転させる切削器械)の音です。

エアタービンが開発されるまでは、歯のエナメル質を削ることは大変なことでした。

エアタービンのおかげで今では効率よく、また正確にエナメル質が削れるようになり、

歯科医療の精度が向上しました。また同時に患者さんへの負担のずいぶん軽くなり、

快適になりました。

 

bibari.jpg 

 

エアタービンは、1分間に30万回から50万回も回転するので、

あのような高い音が出てしまいます。回転する羽に取り付ける刃先の先端にダイヤモンドの粉末が

つけられているのです。また、高速で削ると熱が発生するので、冷却するために刃先に向かって水が出るようになっています。

 

 

治療中、お水が出るのでしんどくなったら遠慮せずに手をあげて教えてください☆