奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

どうしてむし歯になるの?

 

たなべ歯科の田中です。

 

 

これまで色々な記事を書いてきましたが、

なぜ虫歯になるのかもう一度確認しましょう!!

 

口の中にはたくさんの細菌がすんでいます。

その中のひとつミュータンス菌が主な虫歯の原因菌です。

 

口の中の虫歯菌が、食べ物の中の砂糖を栄養に、

表面にネバネバした物質をつくります。

body_haguki_hare_shiseki.png 

そのネバネバした物質の中に虫歯菌や他の細菌が住みつき、

どんどん増えていきます。これが歯垢(プラーク)といわれるものです。

 

歯垢(プラーク)の中の虫歯菌は食べ物の中の糖質を材料に

酸をつくり、しだいにエナメル質を溶かしはじめます。

これが虫歯です。

 

 

むし歯はどう進むの?

 

・ほとんど自覚症状がありません。

c1.jpgC1

この程度の時に治療をすれば、痛みもあまりなく簡単に終わります。

 

 

・しみるようになってきます。

c2.jpgC2

この時点で治療をすれば、神経をとらずにすみます。

一刻も早く治療しましょう。

 

 

・激しく痛むことがあります。

c3.jpgC3

ここまで進行してしまうと神経をとらなければいけません。

神経が無くなると、歯はもろく欠けやすくなります。

 

 

・腐った根だけが残り、根の周囲にたまった膿のため、口臭もひどくなります。

c4.jpgC4

神経の治療ができない場合には、歯を抜かなければいけません。

 

 

むし歯は全身病の引き金にも!

C4にまでなると根の周囲に膿をもつようになりますが、体の一部に

化膿性の炎症をもっていることは病気の爆弾をかかえているようなものです。

例えば、、

・糖尿病 ・脳梗塞 ・ストレス

・骨粗しょう症 ・早産           他...

口腔の健康を維持することは体の健康にも繋がります。

 

むし歯予防のためには、規則正しい生活が大事です。

・歯磨きをする

・カルシウムをとり強い歯にする

・甘いものを減らす

 

 

 bibari.jpg 初期のむし歯の発見は難しいため 定期検診を受ける習慣をつけましょう

診療時間内にお気軽にお問い合わせください☆ l02-09.jpg