奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

入れ歯も定期検診を!


たなべ歯科の西垣戸です。




入れ歯を新しくした方や、入れ歯が初めての方は

特に慣れるまで苦労されます。

しかし、入れ歯を付けないでいると、

入れ歯が合わなくなるだけではなく、お口の中にも

様々な悪影響を及ばします。


ireba_ojiisan.png



入れ歯を作ってからしばらくの間は「慣れる」「調整する」必要があります。

新しい入れ歯を例えるなら、新しい靴です。

新しい靴は、疲れやすかったり、靴擦れを起こしたりします。

何回も履いているうちに段々足に馴染んできて、

快適に歩くことができるようになります。

入れ歯もそれと同じように、食事や話し方に慣れて、

痛みがあるところは調整し、徐々にお口に馴染ませることが必要です。



話し方

「さ行」と「た行」の言葉が話しづらくなります。

話すことに早くなれるためには、声を出して本を読むなど

話す練習をすることが効果的です。

book.png


食べ方

最初はやわらかい物や小さく切った食べ物から始めてください。

慣れてきたら、徐々に固いもの、大きい物にしていきます。

ゴマなどの硬いつぶは入れ歯と歯茎の間に入ると痛くなります。

イカ、タコ、お肉、繊維性の食べ物など、歯切れの悪いものは

切れ目を入れるなど、調理の工夫が必要です。

お餅やガムなど入れ歯にくっつきやすい物も

少しずつ食べるなど注意が必要です。


mochi_maru_yaki.png



入れ歯と残っている歯も定期的なチェックが大切です!

入れ歯は、年月の経過と共にお口の中の状態が変化すると、

合わなくなってしまいます。合わない入れ歯を使っていると

口内炎や歯茎に傷ができて痛みを生じたり、汚れがたまりやすくなったり、

残っている歯を悪くしてしまうこともあります。

入れ歯が合わず痛みがある、外れやすいといった場合は、早めにご来院ください。

定期的な検診を受けることがお口の健康と入れ歯を長持ちさせる秘訣です。