奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

唾液の抗菌作用

たなべ歯科の関です。
sports_soccer_kega.png怪我をした時に、「つばをつけておけば治る」と
言われたり、聞いたことはないでしょうか。
動物も怪我をしたら傷口を舐めているのを見たことがあると思います。

口の中で自浄作用を促して酸を中和するのが唾液の役割です。
唾液の成分には、リゾチーム・ラクトフェリンという抗菌作用が含まれていて、
刺激に対して粘膜を保護するムチンも含まれています。medical_bannouyaku.png

bukubuku_ugai.png水分を多く含んでいるのでお口の乾燥を防ぐ保湿作用があります。
唾液に抗菌作用などがありますが、お口の中には多くの細菌が存在しています。
細菌baikin_genki.pngが多いと、傷から入り込んで化膿しますが、
唾液の効果で増殖や感染を防いでいます。

お口を守る大切な唾液ですが、量が減少傾向にあるそうです。
一日約1~1.5 リットルと言われていましたが、
現在800~1リットルと言われているそうです。
唾液の量が減ると、殺菌作用や自浄作用が低下して
細菌が入りやすく内炎や虫歯mushiba.pngが増えたりします。
乾燥することで口臭がきつくなったり、食べ物の味がわかりにくくなることもあります。
柔らかい食べ物が増えて噛む回数が減り、口呼吸、ストレスが原因と言われています。
stress_woman.png
唾液の量を増やすために、よく噛んで食事をしましょう。
food_umeboshi_girl.png噛むことによって食べ物の消化がしやすくもなります。
梅干し、レモン、納豆や昆布を食べることも唾液分泌に有効です。
nurse_nurse.pngnurse_nurse.png
≪診療受付時間≫
AM:9:30~13:00
PM:15:00~19:30
[TEL:0745-25-1102]