奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

親知らずの由来

たなべ歯科の杉田です。

hinamatsuri_odairi_ohina.png

思春期から20歳以降にかけて
前から数えて8番目の歯が生え始めることがあります。
この歯を親知らずと呼びます。(図・赤色)

l01-5-1.jpg

なぜ親知らずと呼ばれるようになったのでしょうか?

かつて人間の寿命が50歳程度であった時代に、
親が亡くなった後に生え始める歯として
『親が知らない間に生える歯』
つまり、『親知らず』という名称になったとする説があります。

また、親知らずは乳歯から生え替わることがない為、
乳歯を永久歯の親に見立てて
『対応する乳歯がない』ことから
『親知らず』と呼ぶようになった説もあります。

haisy_basshi.png

親知らずのことを英語では
wisdom tooth(知恵の歯)』と言います。
大人になって物事の分別がつくようになった頃に
生える歯という意味だそうです。

b_illust_110_0S.png

親知らずが生えてきて、痛みを感じる。。等
気になることがあれば
診療時間内にご連絡下さい。

(0745)-25-1102
午前 09:30~01:00 午後03:00~07:30