奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

歯周病


たなべ歯科西垣戸です。


歯をみがいていたら、歯茎から血が出る・・・・

歯茎が腫れている・・・・

これらの症状は、歯周病の可能性があります。

歯茎から血が出る場合の90%以上は歯周病が原因であり、

一時的に血が出たのであれば、歯周病の初期状態である歯肉炎の可能性が高いです。

歯肉炎は、毎日の歯磨きをしっかり行うだけでも治すことが可能です。

しかし、頻繁に歯茎から血が出るのであれば、歯周炎や歯槽膿漏の危険性があります。

歯周病は悪化してしまうと、歯が抜けてしまうだけでなく、肺炎やガン、脳卒中などの

怖い病気を伴うことがあります。



日本人の成人の80%は歯周病を発症していると予想されていて、多くの人が

歯周病の初期状態に当たる歯肉炎になっています。

歯みがきを怠ると、汚れが歯と歯茎の間にたまり、細菌が歯茎に侵入してこないように

白血球が集まり、赤く腫れると、歯ブラシでこすった時に歯茎から血が出るのです。



haguki_shisyuubyou_man.png



歯肉炎の特徴

・歯茎から血が出る

・歯茎が赤紫色になる

・口臭が強くなる




歯周病以外での血が出る原因



①ホルモンバランスの変化

更年期障害や妊婦さんなど、ホルモンバランスに変化が起こると

歯茎から血が出やすくなります。

女性ホルモンは体の働きと深い関係があり、ホルモンバランスの変化で

歯茎への血流が増加することがあります。

ホルモンバランスが変化しているときは、歯周病の方が増加する傾向があ

るので、毎日の歯磨きは怠らないように気を付けましょう。


akachan_ninshin.png



②ゴシゴシ磨きで歯茎を傷つけている

歯をみがく力が強すぎて、歯茎から血が出ているのかもしれません。

口内は敏感なので、歯茎が腫れていなくても、

硬い歯ブラシや強すぎる力でのブラッシングは出血を引き起こします。


haburashi_kitanai.png


③お薬が原因で歯茎から血が出る

抗凝固剤や降圧剤などは、出血の原因となる場合があります。

降圧剤は歯茎を厚くするので、歯周ポケットが深くなることにより、

汚れが取りにくくなります。そうなると、歯茎が腫れて、出血を起こ

す原因になるのです。また、抗凝固剤は、血の流れをよくするお薬ですので、

出血が止まりにくくなります。


medicine_capsule.png



④ドライマウスが原因

ドライマウスとは、唾液量が減少して、口内が乾燥してしまう状態のことを言います。

唾液の分泌が減少すると、汚れを洗い流してくれないので、

食べかすが残り、歯茎が腫れて出血を起こします。

ドライマウスの原因には、お薬の副作用、生活習慣、

ストレスなどがあげられます。ドライマウスを治すには、

飲んでいるお薬を見直したり、よく噛んで食事をすることが効果的です。




⑤タバコが原因

タバコは毛細血管を収縮させるので、血流が悪くなり、内側の歯茎が腫れやすくなります。

tabako_man.png


⑥歯ぎしりや咬み合わせが原因

歯ぎしりがひどいことや、咬み合わせが悪いと、歯が揺れて歯茎が炎症を起こします。

炎症を抑えるには、咬み合わせ治療やマウスピースなどが有効です。




⑦病気が原因

歯茎から出血しやすくなる原因として、糖尿病や白血病、心臓病やガンなどの兆候の

可能性もあります。ほとんどの場合は、歯周病が原因での出血ですが、

心配であるならば、病院で検査をしてもらいましょう。




歯周病の予防は毎日の歯磨きが重要になります。

毎日の歯磨きに加えて、定期的な歯科医院での検診も大切です☆

haisya.png