奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

抜歯の時に重要です。



たなべ歯科の田中です。
血液をサラサラにするお薬についてkusuri_nomu_ojiisan.png

高齢化に伴い、心房細動という不整脈が増加しています。
また脳血栓の予防を目的として、抗血小板薬の服用が多くなる
傾向にあり、血液をサラサラにする抗凝固薬(ワルファリン、
プラザキサ、イグザレルト)を服用している人は少なくありません。

一方、これらの血液をサラサラにする薬の副作用は出血傾向が
高いと言われています。このことから、歯の保存が不可能となり
抜歯するときには血が止まらなくなることがあるので注意してください。

歯科医院を訪れたときに、血液をサラサラにする薬を服用している場合は
必ずそのことをお伝えしてください。
むし歯や歯周病で歯を抜いた後は?haguki_shisyuubyou_man.png
親知らずは別として、それ以外の歯を抜いた後そのままというのは
良くないです。
治療せずに放置すると、隣の歯が傾斜し、他の歯の緩みが生じます。
また抜いた歯が下の歯であれば、上の歯が伸びてきます。  
             
このような状態を数年にわたり放置すると、全体の歯と歯の間に
すき間が発生し、噛み合わせが悪くなると同時に、むし歯、歯周病に
なりやすくなります。次いで、顎関節つまりあごの病気が発生します。
                

一本の歯でも抜いた状態が長期にわたると、お口の病気が
全体に波及していきます。
早期の歯の欠損治療をお勧めします。