奈良の歯科、大和高田市の歯医者 たなべ歯科。 インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療など
お電話でのお問い合わせは 0745-23-1102

妊婦さんのお口のケア


たなべ歯科の西垣戸です。


昔は「一子を得ると一歯を失う」と言われたこともあります。

今でも「妊娠すると歯周病になりやすい」「出産すると歯が悪くなる」

という話を聞きます。

確かに、妊娠によって虫歯や歯周病のリスクは高くなりますが、

適切なお口のケアによって予防することも可能です。


akachan_mother.png



妊娠時に見られやすい歯やお口の問題

・歯肉に腫れや出血がある

・冷たいものや熱いものがしみる

・歯や歯肉に痛みがある

・唾液が粘っこい感じがする

・気分が悪く、歯みがきができない

・食事の回数が増えて、歯垢がたまりやすく感じる



akachan_ninshin.png




妊娠期の歯・お口の健康リスク

妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、

プレボテラ・インターメディアという歯周病原性細菌が増殖しやすくなります。

また血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まって

口腔の自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。

「つわり」による食嗜好の変化や歯磨きの困難、胎児の発育による食事回数の増加と

それに応じた口腔ケアが不足しがちなことなどにより、口腔環境は悪化して虫歯や

歯周疾患のリスクは高くなります。


hamigaki_woman.png


対策

・妊娠中は、食生活や口腔ケアの問題から虫歯や歯肉炎にかかりやすいため、普段以上に
 
 気を付けることが大切です。

・食事や間食の回数が増すので、食後の歯磨きやうがいをこまめに行うように心がけてください。

・「つわり」のときには、できるだけ気分の良いときに歯磨きを行い、磨けない時は、
 
 ブクブクうがいをしてください。(ヘッドの小さな歯ブラシを使うとよいでしょう)

・食嗜好も変わりやすいので、糖分の多い飲食物や酸性食品をだらだら食べることは控えましょう。


haisya.png



妊娠中は虫歯や歯周病になりやすくなっているうえに、

これらの初期症状に自分からは気づきにくいものです。

つわりがおさまる4~5カ月ごろに歯科検診を受けて、

比較的体調の安定した妊娠中期に必要な歯科治療を済ませておくのが理想的です。



気になることがあれば、診療時間内にご連絡下さい。

AM9:30~PM1:00
PM3:00~PM7:30

TEL 0745-25-1102